コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古プロテスタント主義 こプロテスタントしゅぎAltprotestantismus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古プロテスタント主義
こプロテスタントしゅぎ
Altprotestantismus

16世紀および 17世紀のプロテスタンティズムで,教理史的には,宗教改革とプロテスタント正統主義の時代である。トレルチ新プロテスタント主義との対比で用いた術語であって,中世と宗教改革との連続性に重点をおく見方である。それは,宗教原理が人生と社会のあり方のすべてを決定するという中世的考え方に支配されたプロテスタンティズムであり,啓蒙主義により初めてこの中世原理が払拭されたという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android