古今亭 志ん生(2代目)(読み)ココンテイ シンショウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

古今亭 志ん生(2代目)
ココンテイ シンショウ


職業
落語家

本名
福原 常吉

生年月日
天保3年 9月

経歴
初代志ん生の門下で、寿六・今輔を経て2代目襲名。人情咄・落し咄を得意とし、弟子には2代目古今亭今輔、五明樓玉輔などを輩出した。

没年月日
明治22年 11月24日 (1889年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android