コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今亭今輔(2代) ここんてい いますけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古今亭今輔(2代) ここんてい-いますけ

1859-1898 明治時代の落語家。
安政6年11月生まれ。2代古今亭志ん生に入門し,志ん丸を名のる。志ん多をへて,2代今輔を襲名し明治18年真打となる。富本節三味線家元の生まれで,音曲噺(おんぎょくばなし)を得意とした。明治31年10月23日死去。40歳。江戸出身。本名は名見崎(なみざき)栄次郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古今亭今輔(2代)の関連キーワード光の科学史社会小説シーボルト難波抱節地向斜マジェンタの戦いの後のイタリア陣営吉田松陰岸沢式佐スーク尾形月耕

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone