コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今亭今輔(5世)(読み)ここんていいますけ[ごせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古今亭今輔(5世)
ここんていいますけ[ごせい]

[生]1898.6.12. 群馬,境
[没]1976.12.10. 東京
落語家。本名鈴木五郎。呉服屋など職を転々としたのち,1914年 1世三遊亭円右に入門,三遊亭右京となるが,円右の息子三遊亭小円右の理不尽に腹を立て,兄弟子の三遊亭右女助(のちの 4世古今亭今輔)門下へ移る。1917年二つ目に昇進し,三遊亭桃助と改名。1919年 3世柳家小さん門下に移り,柳家小山三と改名。1923年真打ち昇進。3世三遊亭円楽(のちの 8世林家正蔵)とともに落語改革派を結成,落語界の改革を唱えるが頓挫。円楽とともに三遊亭一朝から三遊亭円朝のネタを多数伝授される。1928年上州なまりがあってもできる落語をと考え,新作落語に転身。柳家金語楼の影響を受け,新作で開花し,金語楼作品を多く口演する。1931年 2世桂小文治門下に移り,3世桂米丸となる。1941年 5世古今亭今輔を襲名。戦後はおばあさんの登場する新作で人気。1974年落語芸術協会会長に就任。得意ネタは『お婆さん三代姿』(正岡容作),『青空お婆さん』『ラーメン屋』(有崎勉作),古典で『もう半分』『藁人形』など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android