コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古今亭今輔(5世) ここんていいますけ[ごせい]

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古今亭今輔(5世)
ここんていいますけ[ごせい]

[生]1898.6.12. 群馬,境
[没]1976.12.10. 東京
落語家。本名鈴木五郎。呉服屋など職を転々としたのち,1914年 1世三遊亭円右に入門,三遊亭右京となるが,円右の息子三遊亭小円右の理不尽に腹を立て,兄弟子の三遊亭右女助(のちの 4世古今亭今輔)門下へ移る。1917年二つ目に昇進し,三遊亭桃助と改名。1919年 3世柳家小さん門下に移り,柳家小山三と改名。1923年真打ち昇進。3世三遊亭円楽(のちの 8世林家正蔵)とともに落語改革派を結成,落語界の改革を唱えるが頓挫。円楽とともに三遊亭一朝から三遊亭円朝のネタを多数伝授される。1928年上州なまりがあってもできる落語をと考え,新作落語に転身。柳家金語楼の影響を受け,新作で開花し,金語楼作品を多く口演する。1931年 2世桂小文治門下に移り,3世桂米丸となる。1941年 5世古今亭今輔を襲名。戦後はおばあさんの登場する新作で人気。1974年落語芸術協会会長に就任。得意ネタは『お婆さん三代姿』(正岡容作),『青空お婆さん』『ラーメン屋』(有崎勉作),古典で『もう半分』『藁人形』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

古今亭今輔(5世)の関連キーワード[各個指定]工芸技術部門内閣総理大臣アメリカ・スペイン戦争チェーホフガニベ・イ・ガルシアハワイ併合伊藤博文内閣ウナムーノ社会小説ストリンドベリ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android