古代人と赤

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

古代人と赤

古代人にとって赤は最も身近な色であり、神聖で特別な色だったようだ。縄文時代にも赤漆を使った鮮やかな漆器があるし、弥生時代には土器武具、漆器、副葬品など様々なものにベンガラが使われた。その傾向は古墳時代も続き、古墳の内部を赤く塗りこめる例も多い。近年では桜井茶臼山古墳(奈良)の石室に大量の朱が塗られているのが確認され、話題になった。

(2010-12-07 朝日新聞 朝刊 福岡全県 2地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android