コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古代壱岐とカラカミ遺跡

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

古代壱岐とカラカミ遺跡

弥生時代、倭国(わこく)と呼ばれた日本には邪馬台国を含むクニグニが林立していた。壱岐には一支国があり、対外交易が盛んだったと「魏志倭人伝」は記す。カラカミ遺跡は島中央部のやや西側にあり、1950年代以降、九州大などが調査を重ねた。渡来系の土器や漁労具が多く、一支国の拠点集落のひとつ。

(2013-12-14 朝日新聞 朝刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android