コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古代山城

1件 の用語解説(古代山城の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

古代山城

朝鮮式山城と呼ばれる山城は文献記録があるが、史料に登場しない神籠石(こうごいし)と呼ばれる山城もある。北部九州から近畿にかけて二十数カ所確認されている。朝鮮半島で百済が滅び、その復興に向かった日本が唐・新羅連合軍に敗れ、東アジアが激動した7世紀に国家防衛のため築かれたといわれるが、個々の構造に違いもみられ、役割に異論もある。

(2011-11-22 朝日新聞 朝刊 福岡全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古代山城の関連キーワード先史時代高梁山城岡山城基肄城山城の増山城大野城跡堀山城(6代)答〓(“火へん”に「本」)春初

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古代山城の関連情報