コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古典の日

1件 の用語解説(古典の日の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

古典の日

紫式部の日記に源氏物語を確認できる最も古い日付が平安時代の1008年11月1日とあることにちなみ、9月に施行された法律で定められた。文学や音楽、美術、演劇、伝統芸能、演芸などを古典と定義。国や自治体は、古典に親しめる機会を設け、普及に努めることを定めた。2008年、京都市で開かれた源氏物語千年紀の記念式典で府や京都市などが法制定をめざすことを宣言。その後、府などが推進委員会を立ち上げ、11万人を超す署名を集めた。今春、超党派国会議員が推進議員連盟を設立し、議員立法で法案を提出した。

(2012-10-30 朝日新聞 朝刊 京都市内 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古典の日の関連キーワード島津久基源氏絵河海抄源氏供養源氏の間源氏物語奥入源氏物語評釈紫史紫文源氏物語千年紀

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古典の日の関連情報