コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古切・古裂 こぎれ

大辞林 第三版の解説

こぎれ【古切・古裂】

江戸時代以前に外国から入ってきた金襴きんらん・緞子どんすなどの布地。茶道具の仕覆に仕立てたり、屛風・手鑑に貼ったりして珍重される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

古切・古裂の関連キーワード茶道具布地金襴手鑑仕覆