古屋 芳雄(読み)コヤ ヨシオ

20世紀日本人名事典の解説

古屋 芳雄
コヤ ヨシオ

大正・昭和期の小説家,劇作家,公衆衛生学者 日本医科大学教授。



生年
明治23(1890)年8月27日

没年
昭和49(1974)年2月22日

出生地
大分県速見郡東山香村

学歴〔年〕
東京帝大医科大学〔大正5年〕卒

学位〔年〕
医学博士〔大正15年〕

経歴
武者小路実篤に傾倒し、大正6年中川一政らと「青空」を創刊。8年小説「地を嗣ぐ者」、10年戯曲「地の塩」を刊行。のち文学を離れ、大正12年金沢医専教授、14年厚生省技師、21年国立公衆衛生院院長、31年日本医科大教授。日本家族計画連盟会長も務めた。この分野の著作に「医学統計法」「農村結核の研究」など。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android