コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古川縁波 ふるかわ ろっぱ

1件 の用語解説(古川縁波の意味・用語解説を検索)

江戸・東京人物辞典の解説

古川縁波

1903〜1961(明治36年〜昭和36年)【俳優】素人芸人として、マルチタレントのはしりとなった。 父は天皇に仕えた正真正銘の貴族。昭和期の俳優。東京都出身。本名郁郎。大正天皇の侍医として仕えた加藤照麿男爵の六男で古川家の養子となる。早稲田第一高等学校在学中から映画批評を雑誌に投稿、「キネマ旬報」に入社。映画、舞台にも登場し、当時珍しかった声帯模写モダンで機知のある笑いで喜劇俳優として人気を得た。1933年(昭和8)喜劇団「笑の王国」に参加、演出もこなしてエノケンと並ぶ喜劇王と評された。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古川縁波の関連キーワード勝詮木村素石柳宗悦古川緑波近藤真柄牛島辰弥桂弁三酒井恒渡辺漸

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone