コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古川縁波 ふるかわ ろっぱ

江戸・東京人物辞典の解説

古川縁波

1903〜1961(明治36年〜昭和36年)【俳優】素人芸人として、マルチタレントはしりとなった。 父は天皇に仕えた正真正銘の貴族。昭和期の俳優。東京都出身。本名郁郎。大正天皇の侍医として仕えた加藤照麿男爵の六男で古川家の養子となる。早稲田第一高等学校在学中から映画批評を雑誌に投稿、「キネマ旬報」に入社。映画、舞台にも登場し、当時珍しかった声帯模写やモダンで機知のある笑いで喜劇俳優として人気を得た。1933年(昭和8)喜劇団「笑の王国」に参加、演出もこなしてエノケンと並ぶ喜劇王と評された。

出典 財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について 情報

古川縁波の関連キーワード新藤兼人川島雄三鈴木清順久松静児深作欣二日露戦争史(年表)マキノ雅広森一生ドビュッシーニューヨーク・ヤンキース

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android