古市 義秀(読み)フルイチ ギシュウ

20世紀日本人名事典「古市 義秀」の解説

古市 義秀
フルイチ ギシュウ

大正・昭和期の天台真盛宗僧侶 天台真盛宗管長・総本山西教寺貫首。



生年
明治29(1896)年11月3日

没年
昭和60(1985)年2月15日

出身地
三重県

経歴
西教寺専門学寮寮長、天台宗宗務総長などを経て、昭和49年10月から西教寺貫首。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android