古市 義秀(読み)フルイチ ギシュウ

20世紀日本人名事典「古市 義秀」の解説

古市 義秀
フルイチ ギシュウ

大正・昭和期の天台真盛宗僧侶 天台真盛宗管長・総本山西教寺貫首。



生年
明治29(1896)年11月3日

没年
昭和60(1985)年2月15日

出身地
三重県

経歴
西教寺専門学寮寮長、天台宗宗務総長などを経て、昭和49年10月から西教寺貫首。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android