コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古市播磨守

美術人名辞典の解説

古市播磨守

室町後期の茶人。名は澄胤、法名は宗超、胤栄・円乗坊と称する。十五代将軍足利義昭に仕えて従五位下播磨守に任じられた。(一説に和泉国古市で二万石を領した。)のち興福寺の衆従となり三千石の寺代官を務めた。村田珠光に師事して茶道に通達したが、和歌・連歌を能くし、香道謡曲にも長じていた。明応8年(1499)歿。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android