コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古曽部焼・古曾部焼 こそべやき

大辞林 第三版の解説

こそべやき【古曽部焼・古曾部焼】

摂津国古曽部で産した陶器。開窯かいようの時期は不明だが、寛政(1789~1801)以降は活動していた。遠州七窯の一つに挙げる書もある。唐津・三島の写しや、赤絵に特色のある作がある。明治末期に廃窯。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

古曽部焼・古曾部焼の関連キーワード遠州七窯陶器写し特色唐津赤絵寛政三島

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android