古河太四郎(古川太四郎)(読み)ふるかわたしろう

世界大百科事典 第2版の解説

ふるかわたしろう【古河太四郎(古川太四郎)】

1845‐1907(弘化2‐明治40)
日本近代盲聾教育の創始者。晩年には自ら〈古川〉とも書く。京都最大の寺子屋白景堂に生まれ,維新後京都府の小学校建営に参画して教師となる。その後獄中で盲聾教育を発起,1873年待賢校に復帰して試み,成果をあげる。78年日本最初の盲聾学校である京都盲啞院を創設し,初代院長として本格的盲聾学校に発展させた。89年辞職,1900年大阪盲啞院長に招かれ,現職逝去。その《京都府下大黒町待賢校瘖啞生(いんあせい)教授手順概略》(1878)は日本最初の障害児教育書で,東洋的な教育観と数々の独創的な方法や教具は今日も注目に値する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の古河太四郎(古川太四郎)の言及

【京都盲啞院】より

古河太四郎が創始した日本最初の盲聾学校の通称。1874年(明治7)ころから市中の待賢小学校で古河が試みた盲聾教育が発展,78年5月24日中京区御池東洞院に誕生した。…

※「古河太四郎(古川太四郎)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報