古河電気工業[株](読み)ふるかわでんきこうぎょう

百科事典マイペディア「古河電気工業[株]」の解説

古河電気工業[株]【ふるかわでんきこうぎょう】

1896年横浜電線製造として設立,1920年古河鉱業から日本電気精銅所の現物出資を得て現商号に変更。非鉄総合メーカーを目ざす。古河グループの中核。電線ケーブル,非鉄金属製品が主力超伝導・形状記憶合金で高い技術力示す。2001年には米ルーセントテクノロジーズ社の光ファイバー部門を買収。本社東京,工場市原,日光,平塚尼崎など。2011年資本金693億円,2011年3月期売上高9257億円。売上構成(%)は,情報通信15,エネルギー・産業機材24,電装・エレクトロニクス22,金属16,軽金属22,その他1。海外売上比率33%。
→関連項目日本軽金属[株]日本ゼオン[株]富士電機[株]古河財閥横浜ゴム[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android