古法・故法(読み)こほう

精選版 日本国語大辞典「古法・故法」の解説

こ‐ほう ‥ハフ【古法・故法】

〘名〙
① 昔の法律。古いきまり。
上杉家文書‐享祿四年(1531)正月日・越後衆連判軍陣壁書「万一聊爾之子細雖之以古法追而可其沙汰事」 〔韓非子‐定法〕
② 古くからのしきたり。昔の方法。古人の教え。昔からの秘伝や秘法。
※わらんべ(1660)一「まことに古法を守る事しゅせう也、古法すてな、習もすたるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android