コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古満休伯(1) こま きゅうはく

1件 の用語解説(古満休伯(1)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古満休伯(1) こま-きゅうはく

?-1715 江戸時代前期-中期の蒔絵(まきえ)師。
古満休意(初代)の子。古満家2代。幕府につかえ,元禄(げんろく)2年幸阿弥(こうあみ)長救とともに日光東照宮の蒔絵を制作。休伯作といわれる精細華麗な印籠(いんろう)蒔絵がのこされている。正徳(しょうとく)5年8月10日死去。江戸出身。名は安明,安巨。通称は久蔵。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

古満休伯(1)の関連キーワードルイルイディナールイ[14世]ロココ美術ブルボン朝ピカレスク小説悪漢小説王原祁カールスルーエ

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone