古満休意(1)(読み)こま きゅうい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古満休意(1) こま-きゅうい

?-1663/81 江戸時代前期の蒔絵(まきえ)師。
江戸の人。寛永13年幕府お抱えとなり,江戸城内紅葉山の仏殿や上野の徳川家綱廟の蒔絵を制作した。古満家初代。代表作に「柴垣蔦蒔絵硯箱」。寛文3/天和(てんな)元年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android