コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古満休意(1) こま きゅうい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古満休意(1) こま-きゅうい

?-1663/81 江戸時代前期の蒔絵(まきえ)師。
江戸の人。寛永13年幕府お抱えとなり,江戸城内紅葉山の仏殿や上野の徳川家綱廟の蒔絵を制作した。古満家初代。代表作に「柴垣蔦蒔絵硯箱」。寛文3/天和(てんな)元年死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

古満休意(1)の関連キーワードファン=フリート紀海音霊元天皇モリエール日本の医学史(年表)有珠山有珠山県内の待機児童数天野信景稲津祇空

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android