コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古澗(日→月)慈稽(建仁寺慈稽) こかん

1件 の用語解説(古澗(日→月)慈稽(建仁寺慈稽)の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

古澗(日→月)慈稽(建仁寺慈稽)

安土桃山・江戸初期の臨済宗の僧・漢詩人。建仁寺第二百九十四世。信濃生。若くして建仁寺大統院に入り、奎文慈瑄に嗣法、博多聖福寺の住持を経て、建仁寺大統院住持、また南禅寺住持にもなる。聯句にすぐれた。後陽成天皇の勅命でたびたび詩書を進講した。寛永10年(1633)寂、90才。(一説に97才)

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

古澗(日→月)慈稽(建仁寺慈稽)の関連キーワード集堯仁如雲英宗偉正韵淡海昌敬大順宗慎宙外玄杲春沢宗晃弘尊広叔元運済家

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone