コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古礀明誉

美術人名辞典の解説

古礀明誉

江戸中期の浄土宗の僧。京都報恩寺住職。号は虚舟。初めは大和郡山西巌寺に住した。晩年は西岩倉に閑居して狩野永納に画を学び、のち雪舟の画風を慕って山水人物、とりわけ大黒の像を多く描いた。享保2年(1717)寂、65才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android