コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古社寺の修理

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

古社寺の修理

寺院の木造建築は約100年で小修理、約300~400年で大修理(解体修理)を繰り返す。近代では1897(明治30)年の古社寺保存吠現在は廃止)成立後、各地で修理が進み、東大寺大仏殿の屋根裏に、三角形に組んだトラス鉄橋の補強が施されるなど、海外の最新技術も導入された。

(2011-07-03 朝日新聞 朝刊 関西総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

古社寺の修理の関連キーワード寺院

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android