コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古社寺の修理

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

古社寺の修理

寺院の木造建築は約100年で小修理、約300~400年で大修理(解体修理)を繰り返す。近代では1897(明治30)年の古社寺保存吠現在は廃止)成立後、各地で修理が進み、東大寺大仏殿の屋根裏に、三角形に組んだトラス鉄橋の補強が施されるなど、海外の最新技術も導入された。

(2011-07-03 朝日新聞 朝刊 関西総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

古社寺の修理の関連情報