コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古銭学(古泉学) こせんがくnumismatics

1件 の用語解説(古銭学(古泉学)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こせんがく【古銭学(古泉学) numismatics】

古代から近代にいたるまでの貨幣とメダルを取り扱う学問。メダルとは記念牌(はい)や徽章(きしよう)の類で,ある事件や人物を記念して作られたもの。古銭学はこれらの形や大きさ,銘文や意匠,成分の金属,機能,芸術的価値などを研究の対象とする。とくに貨幣では,その単位や重量,それを支配している理論や法則,異なったグループ間の相互関係などが問題となる。古銭学は歴史学,神話学,地理学,美術史学などの補助的役割を果たす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone