叩直(読み)たたきなおす

精選版 日本国語大辞典「叩直」の解説

たたき‐なお・す ‥なほす【叩直】

〘他サ五(四)〙
① 改めてたたく。再びたたく。
※俳諧・文化句帖‐元年(1804)一月「七草を敲き直すや昼時分
② 曲がったものをたたいてまっすぐにもどす。また、比喩的に、悪い性行、気持などを正しく直す。
浄瑠璃・心中刃は氷の朔日(1709)上「恋は曲者、皆人の地金をへらす焼釘(やけくぎ)は、たたきなをいてい見して」
旧作や他人の作品を改作して発表する。やきなおす。
※浮世草子・当世芝居気質(1777)二「四ッ人(たり)五人かかって古狂言をたたき直し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android