召し上げる・召上げる(読み)めしあげる

大辞林 第三版の解説

下一 [文] ガ下二 めしあ・ぐ
没収する。取り上げる。 土地を-・げる
呼び寄せる。召し出す。 実政を御船に-・げて、歌ども講ぜさせ給ふ/栄花 松の下枝
召し上がるに同じ。 酒少しづつ-・げられ/浮世草子・風流曲三味線

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android