召し上げる・召上げる(読み)めしあげる

大辞林 第三版の解説

めしあげる【召し上げる・召上げる】

( 動下一 ) [文] ガ下二 めしあ・ぐ
没収する。取り上げる。 「土地を-・げる」
呼び寄せる。召し出す。 「実政を御船に-・げて、歌ども講ぜさせ給ふ/栄花 松の下枝
召し上がる」に同じ。 「酒少しづつ-・げられ/浮世草子・風流曲三味線」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android