コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

召人・囚人 めしうど

大辞林 第三版の解説

めしうど【召人・囚人】

〔「めしひと」の転。「めしうと」とも〕
宮中の歌会始うたかいはじめで、歌を特に召された人。めしびと。
和歌所の寄人よりうどの異称。
舞楽に奉仕するために召し出された人。 「このたびの神楽少しよろしうせばや-などえらびて/宇津保 菊の宴
側近く仕えさせ、寵愛ちようあいする女性。 「小野の宮おとどの御-どもあり/蜻蛉
(「囚人」と書く)とらえられた人。しゅうじん。 「大事の-を切るべきやらん/義経記 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

召人・囚人の関連キーワード義経記和歌所

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android