コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台南第一中学校

1件 の用語解説(台南第一中学校の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

台南第一中学校

日清戦争後の下関条約に基づき、日本は中国・清朝から割譲された台湾を統治下に置いた。台南一中は1914年に開校。太平洋戦争まで、日本人と台湾人の生徒の構成比は9対1だった。終戦当時の在校生は約300人で、卒業生は約2400人。同窓会「南中会」は50年代からほぼ毎年、日本国内を中心に総会を開いてきた。現在の会員数は国内で300人弱という。

(2014-07-11 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

台南第一中学校の関連キーワード強学会下関条約日露協商義和団日清通商航海条約IHO日本の台湾統治PCT条約に基づく特許出願《壮絶快絶日清戦争》《日清戦争実記》

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone