コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台湾の先住民選挙

1件 の用語解説(台湾の先住民選挙の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

台湾の先住民選挙

台湾では原住民と呼ぶ。アミ族やタイヤル族など計13族、48万人おり、ほかの漢民族とは戸籍で区別される。認定対象が増え、人口も増加傾向にある。選挙では「山地先住民」と「平地先住民」の3議席ずつ計6議席を争う。先住民は選挙区で先住民の候補者を選び、比例区は一般と同じく政党を選ぶ。

(2008-01-08 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

台湾の先住民選挙の関連キーワードダイヤルアップルーターフリーダイヤルロイヤル言やるガイヤルド原住民ステイヤー台湾海峡台湾諸語台湾の先住民

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone