コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台湾の先住民

1件 の用語解説(台湾の先住民の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

台湾の先住民

東南アジアや太平洋地域から渡ってきたとされる。最大のアミ族は人口約20万人。約9万6千人のパイワン族、約8万5千人のタイヤル族などがいる。今年7月にはラアルア族、カナカナフ族が新たに先住民族として認定され、16部族となった。日本統治時代にセデック族が蜂起した霧社事件を映画化した「セデック・バレ」は、日本でも昨年に全国公開された。

(2014-09-23 朝日新聞 朝刊 2外報)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

台湾の先住民の関連キーワードアジア太平洋地域平和会議アジア太平洋放送連合ABU太平洋ドクトリン東南アジアアジア・太平洋地域外交官日本語研究計画アジア太平洋戦争東アジアサミット(EAS)デイゴアジア太平洋地域地図会議

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

台湾の先住民の関連情報