コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台湾の民族・出身構成

1件 の用語解説(台湾の民族・出身構成の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

台湾の民族・出身構成

台湾には17世紀以降、対岸の中国から漢民族の移民が本格化し、福建省からのビン南(びんなん)人や、福建省や広東省などの中国南部にいた「流浪の民」と呼ばれる客家(ハッカ)人が、戦前に定住。これらの人々は「台湾省の人々」という意味で本省人と呼ばれ、戦後組の外省人とは区別されている。蒋介石蒋経国両元総統ら民主化以前の有力政治家の大半は外省人だった。その後、李登輝、陳水扁両政権では本省人が多数登用されたが、現在の馬英九政権は馬氏や劉兆玄(リウ・チャオシュワン)・行政院長(首相)ら外省人幹部が多い。芸能や文化方面で活躍する外省人は多く、歌手のテレサ・テン欧陽菲菲映画監督侯孝賢(ホウ・シャオシェン)、李安(アン・リー)などがいる。

(2008-10-07 朝日新聞 朝刊 アジア)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

台湾の民族・出身構成の関連キーワード華僑漢語漢民族ヤクーツク台湾回族対岸の火事台湾檜台湾と国連台湾の先住民

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone