コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台湾集集大震災

1件 の用語解説(台湾集集大震災の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

台湾集集大震災

99年9月21日、台湾中部を震源とするM7・7の地震が起きた。死者は2500人、建物の被害は全壊、半壊ともに5万戸を超えた。特に山間地の農村部で被害が大きかった。長さ80キロにわたって地表に断層が現れたため、復興にあたって住民は、集落ごとの移転や河川のつけかえなど大規模な工事を伴う新しいまちづくりを迫られた。

(2007-05-08 朝日新聞 朝刊 生活1)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone