コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台風12号被害

1件 の用語解説(台風12号被害の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

台風12号被害

2011年9月3日に高知県東部に上陸。三重県大台町で1630ミリ、同県御浜町で1085・5ミリなど紀伊半島各地で総降水量が1千ミリを超える豪雨になった。死者は82人、行方不明者は16人に上り、そのうち三重県での死者・行方不明者は計3人。全国の住宅被害は全壊379戸、半壊3159戸で、がけ崩れは638カ所で発生した。

(2013-09-05 朝日新聞 朝刊 熊野 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

台風12号被害の関連キーワード香南高知県立大学台風(2007年)香美東南海・三河地震台風12号甲奴〈町〉香我美〈町〉高知県高知市高須高知県高知市丸ノ内

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

台風12号被害の関連情報