コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台風15号豪雨災害

1件 の用語解説(台風15号豪雨災害の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

台風15号豪雨災害

台風15号が接近した9月20、21両日、東濃地方を中心に大雨が降り、多治見市では時間雨量76ミリを観測。住宅や事業所など計621棟に床上・床下浸水の被害が出た。県内14市町村で約3万5千世帯、約9万6千人に避難勧告が出た。御嵩町の男性1人が土砂崩れに巻き込まれて死亡し、白川町では男性1人が行方不明のままだ。公共土木施設と農林業の被害は総額で100億円を超えた。

(2011-12-30 朝日新聞 朝刊 岐阜全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

台風15号豪雨災害の関連キーワード一両日水月接近連合接戦作り碁洞爺丸両日競合い馬蹄形磁石台風9号豪雨災害

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone