コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

台風18号被害

1件 の用語解説(台風18号被害の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

台風18号被害

2013年9月16日、台風18号の影響で、気象庁は、「数十年に一度のレベル」とされる大雨特別警報を京都、滋賀、福井の3府県に初めて発令した。府内では、住宅の全壊・半壊424戸、床下・床上の浸水4811戸の被害を受けた(同年12月末発表)。

(2014-09-15 朝日新聞 朝刊 京都市内 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

台風18号被害の関連キーワード安政五ヵ国条約エルセラック国恥記念日スピードスケート台風9号豪雨災害県防災の日台風21号の被害紀伊半島大水害角田竹涼シーボルト台風

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

台風18号被害の関連情報