コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

叱り・叱り・呵り しかり

大辞林 第三版の解説

しかり【叱り・叱り・呵り】

(「おしかり」の形で)しかること。 「きついお-を受けた」
江戸時代、庶民に科した最も軽い刑。奉行が白州しらすに呼び出し、その罪を叱るだけにとどめたもの。やや重いものを急度叱きつとしかりという。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

叱り・叱り・呵りの関連キーワード江戸時代

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android