叱・叱・執・失・嫉・室・悉・桎・櫛・湿・漆・濕・疾・膝・質(読み)しつ

大辞林 第三版の解説

しつ【叱・叱・執・失・嫉・室・悉・桎・櫛・湿・漆・濕・疾・膝・質】

【叱】 [音] シツ
しかる。ののしる。 「叱正・叱責・叱咤しつた・叱罵しつば
【失】 [音] シツ
うしなう。うせる。 「失意・失効・失心・失望・遺失・消失・損失・得失・紛失・滅失」
あやまる。しくじる。 「失言・失策・失笑・失政・失敗・過失」
忘れる。 「失念・失名」
【室】 [音] シツ
へや。 「室内・客室・教室・居室・寝室・入室・病室・診察室」
いえ。家族。 「室家・王室・皇室」
身分のある人の妻。 「後室・正室・側室・内室・令室」
むろ。ほらあな。 「玄室・石室・氷室」
【 桎 】 [音] シツ
あしかせ。 「桎梏しつこく
【疾】 [音] シツ
はやい。あわただしい。 「疾駆・疾呼・疾走・疾風・疾雷」
病気。急病。 「疾疫・疾患・疾病しつぺい・悪疾・眼疾・急疾・痼疾こしつ
くるしむ。なやむ。 「疾苦・疾痛」
にくむ。 「疾悪しつお・疾視」
【執】 [音] シツ ・シュ ・シュウ
手にとって操作する。 「執刀・執筆」
とりおこなう。掌握する。 「執権・執行しつこうしゆぎよう)・執政・執務」
こだわる。 「《シツ》執拗しつよう・確執かくしつかくしゆう)・固執こしつこしゆう)」 「《シュウ》執心・執着・執念」
【 悉 】 [音] シツ
ことごとく。 「悉皆」
すべてをきわめる。詳細なさま。 「詳悉・知悉」
梵語の音訳字。 「悉達多しつたるた・悉曇しつたん
【湿(濕)】 [音] シツ
しめる。しめらす。 「湿気・湿潤・湿地・湿度・湿布・除湿・多湿」
【嫉】 [音] シツ
ねたむ。そねむ。 「嫉視・嫉妬しつと
【漆】 [音] シツ
うるし。 「漆器・漆工・漆黒・乾漆・膠漆こうしつ
数字「七」の大字。金銭証書などに用いる。
【 膝 】 [音] シツ
ひざ。 「膝下・膝行・膝蓋骨しつがいこつ
【質】 [音] シツ ・シチ ・チ
生まれつき。たち。 「悪質・気質・硬質・資質・性質・素質・体質・美質・本質・筋肉質・神経質」
物体を構成するもの。 「質料・質量・物質・蛋白たんぱく質」
飾りけのないこと。 「質実・質素・質朴・質樸しつぼく
内容。中身。 「実質・文質」
問いただす。 「質疑・質問」
取引や約束の保証として相手に預けておくもの。 「質権しちけん・質物しちもつ・言質げんちげんしつ)」
【 櫛 】 [音] シツ
くし。くしけずる。くしの歯のようにならぶ。 「櫛比しつぴ・櫛風沐雨もくう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ミレニアル世代

《millennialは、千年紀の、の意》米国で、2000年代に成人あるいは社会人になる世代。1980年代から2000年代初頭までに生まれた人をいうことが多く、ベビーブーマーの子世代にあたるY世代やデ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android