コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

史・国史・史部・録史・主典・令史・主帳 ふびと

大辞林 第三版の解説

ふびと【史・国史・史部・録史・主典・令史・主帳】

〔「ふみひと」の転。「ふひと」とも〕
大和政権に文書・記録をつかさどって奉仕した官人集団の称。多くは渡来人の子孫。
古代の姓かばねの一。の職名が姓となったもの。
文書・記録をつかさどる下級役人。 〔「国史・史部・録史」とも書く〕
律令制における諸司の四等官。 〔「主典・令史・主帳」とも書く〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android