コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右・宇・有・烏・紆・羽・迂・雨 う

1件 の用語解説(右・宇・有・烏・紆・羽・迂・雨の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

う【右・宇・有・烏・紆・羽・迂・雨】

【 右 】
⇒ ゆう〔右〕 [漢]
【 宇 】 [音] ウ
ひさし。のき。屋根。家。 「 屋宇 ・殿宇 」
そら。広がり。天地四方。 「 宇内うだい ・宇宙 ・気宇 ・八紘はつこう一宇 」
【 有 】
⇒ ゆう〔有〕 [漢]
【 羽 】 [音] ウ
鳥や虫のはね。 「 羽化 ・羽毛 」
「出羽でわ国」の略。 「 羽後 ・羽州 ・羽前 ・奥羽 ・陸羽 」
【 迂[音] ウ
まがりくねる。道がまわりどおい。遠まわり。 「 迂遠 ・迂回 ・迂曲 ・迂路 」
うとい。時勢にくらい。 「 迂遠 ・迂闊うかつ ・迂愚 ・迂言 ・迂拙 」
【 雨 】 [音] ウ
あめ。 「 雨滴 ・雨天 ・雨量 ・降雨 ・慈雨 ・驟雨しゆうう ・雷雨 ・霖雨りんう
めぐみや恩恵のたとえ。 「 雨露 ・慈雨 」
雨の降るように落ちるもののたとえ。 「 弾雨 」
【 紆[音] ウ
まがりくねる。 「 紆曲 ・紆余曲折 」
【 烏[音] ウ ・オ
からす。 「 烏合 ・烏兎うと
黒い。 「 烏鷺うろ

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

右・宇・有・烏・紆・羽・迂・雨の関連キーワード黃・亢・交・仰・侯・倖・候・光・公・功・劫・効・勾・厚・口・叩・后・向・咬・哄・哮・喉・坑・垢・好・孔・孝・宏・寇・工・巧・巷・幸・広・庚・康・廣・弘・後・恆・恍・恒・恰・慌・抗・拘・控・攻・效・昂・曠・更・校・格・梗・構・江・洪・浩・淆・港・溝・狡・甲・皇・皎・皓・睾・硬・稿・紅・絞・綱・考・耕・耗・肓・肛・肯・肴・腔・膏・膠・興・航・荒・薨・虹・行・衡・講・貢・購・逅・郊・寬・漢・乾・冠・函・刊・勘・勧・勸・卷・喊・喚・堪・奸・姦・完・官・寒・寛・嵌・巻・干・幹・悍・患・感・慣・憾・換・敢・旱・柑・桿・棺・檻・款・歓・歡・汗・浣・渙・漢・灌・環・甘・甲・癇・監・看・瞰・竿・管・簡・緘・緩・缶・罐・翰・肝・艦・艱・観・觀・諫・貫・還・鑑・閑・間・関・關・陥・陷・館・鹹祉・視・仔・仕・伺・使・侈・刺・史・司・嗜・嗣・嘴・四・址・士・姉・始・姿・子・尸・屍・巳・市・師・幟・弑・弛・志・思・恣・指・摯・支・斯・施・旨・枝・梓・止・此・歯・死・氏・滓・熾・疵・矢・示・祀・祉・祠・私・糸・紙・紫・絲・翅・肆・肢・脂・至・視・詞・試・詩・誌・諡・諮・資・賜・趾・雌・飼・齒涉・祥・上・傷・償・勝・匠・升・召・哨・唱・商・嘗・嘯・声・奨・妾・姓・娼・宵・将・將・小・少・尚・庄・床・廠・彰・従・性・悄・憔・憧・承・抄・招・捷・掌・昇・昌・星・昭・晶・松・梢・檣・正・沼・消・渉・漿・瀟・焦・焼・照・燒・牆・獎・生・症・相・省・睫・硝・礁・祥・称・章・笑・粧・精・紹・翔・肖・荘・蕉・蕭・薔・衝・装・裳・觴・訟・証・詔・詳・誦・請・證・象・賞・蹤・逍・醤・器・既・祈・亀・企・冀・几・危・喜・器・基・奇・姫・嬉・季・寄・岐・己・希・帰・幾・徽・忌・悸・愧・揮・旗・既・期・机・棄・棋・機・歸・毀・毅・気・氣・汽・畿・癸・祈・稀・窺・紀・綺・羈・肌・規・記・詭・貴・起・跪・軌・輝・飢・饑・騎・騏・驥・鬼・麾僧・層・巢・争・倉・僧・創・双・叟・叢・喪・嗽・噪・壮・壯・奏・宗・層・巣・惣・想・愴・挿・捜・掃・掻・搔・插・操・早・曹・曽・曾・桑・槍・槽・漕・漱・燥・爪・爭・爽・痩・瘦・瘡・相・窓・箏・糟・綜・総・總・聡・草・荘・莊・葬・蒼・藪・藻・装・裝・走・踪・躁・送・遭・雙・霜・騒・騷禍・下・仮・伽・何・佳・価・假・價・加・化・卦・可・呵・嘉・夏・嫁・家・寡・戈・暇・果・架・歌・河・渦・火・瑕・瓜・禍・禾・科・稼・窩・箇・花・苛・荷・菓・華・訛・訶・課・貨・迦・過・霞・靴・顆世・井・凄・制・勢・声・姓・婿・征・性・成・掣・政・整・斉・星・晴・棲・正・歳・清・牲・生・盛・省・穽・精・聖・聲・臍・製・西・誓・誠・請・逝・醒・青・靖・静・靜・齊鬭・倒・偸・党・冬・凍・刀・到・唐・塔・套・島・当・悼・投・搭・東・桃・桐・棟・湯・滔・濤・灯・燈・當・痘・登・盗・盜・祷・禱・稲・稻・等・筒・答・糖・納・統・蕩・藤・討・読・謄・豆・踏・蹈・逃・透・闘・陶・韜・頭・騰・黨仙・僭・先・剪・千・占・宣・専・專・尖・川・戦・戰・扇・撰・擅・旋・染・栓・殲・泉・洗・浅・淺・潛・潜・煎・煽・疝・癬・穿・箋・箭・籤・線・繊・纖・羨・腺・船・薦・詮・譫・賤・践・踐・遷・選・銑・銭・錢・閃・阡・餞・饌・鮮

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone