コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右・宇・有・烏・紆・羽・迂・雨

大辞林 第三版の解説

う【右・宇・有・烏・紆・羽・迂・雨】

【右】
⇒ ゆう〔右〕 [漢]
【宇】 [音] ウ
ひさし。のき。屋根。家。 「屋宇・殿宇」
そら。広がり。天地四方。 「宇内うだい・宇宙・気宇・八紘はつこう一宇」
【有】
⇒ ゆう〔有〕 [漢]
【羽】 [音] ウ
鳥や虫のはね。 「羽化・羽毛」
「出羽でわ国」の略。 「羽後・羽州・羽前・奥羽・陸羽」
【 迂[音] ウ
まがりくねる。道がまわりどおい。遠まわり。 「迂遠・迂回・迂曲・迂路」
うとい。時勢にくらい。 「迂遠・迂闊うかつ・迂愚・迂言・迂拙」
【雨】 [音] ウ
あめ。 「雨滴・雨天・雨量・降雨・慈雨・驟雨しゆうう・雷雨・霖雨りんう
めぐみや恩恵のたとえ。 「雨露・慈雨」
雨の降るように落ちるもののたとえ。 「弾雨」
【 紆[音] ウ
まがりくねる。 「紆曲・紆余曲折」
【 烏[音] ウ ・オ
からす。 「烏合・烏兎うと
黒い。 「烏鷺うろ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android