コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

右筆・祐筆 ゆうひつ

大辞林 第三版の解説

ゆうひつ【右筆・祐筆】

筆をとって文を書くこと。
貴人のそば近く仕えて、物を書く役。また、その役人。書記。
武家の職名。文書・記録をつかさどる。
文筆の業に従事する者。文官。 「われ-の身にあらず、武勇の家に生まれて/平家 1

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

右筆・祐筆の関連キーワード武勇職名