叶う・適う・敵う(読み)かなう

大辞林 第三版の解説

かなう【叶う・適う・敵う】

( 動五[四] )
願望が実現する。 《叶》 「念願が-・った」 「 - ・わぬ恋」
(基準や条件などに)適合する。 《適》 「理想に-・った人」 「時宜に-・う」 「潮も-・ひぬ今は漕ぎ出でな/万葉集 8
(動作性の名詞などを受け、下に打ち消し表現を伴って)…することができる。…することが許される。 「足が弱って歩行も-・わない」
(多く「敵う」と書く)対抗できるほどである。匹敵する。打ち消し表現を伴って用いる。 「二人でかかっても-・う相手ではない」 〔「かなえる」に対する自動詞〕 → かなわないかなわぬ
( 動下二 )
[慣用] 御眼鏡おめがねに-願ったり叶ったり
[表記] かなう(叶・適・敵
「叶う」は“願望が実現する”の意。仮名書きも多い。「願いが叶う」「叶わぬ恋」「願ったり叶ったり」  「適う」は“あてはまる。うまく合う”の意。「理想に適った人を見つける」「時宜に適った処置」「御眼鏡おめがねに適う」  「敵う」は“対抗できる”の意。多く否定表現を伴う。「敵う相手ではない」
[句項目] 叶わぬ時の神頼み

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android