コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

司法修習生の兼職禁止

1件 の用語解説(司法修習生の兼職禁止の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

司法修習生の兼職禁止

最高裁規則で、修習生は、採用する最高裁の許可がなければ、公務員や他の職業に就いたり、アルバイトをしたりすることはできない。専門性の高い修習に専念する義務があることや、企業が当事者になる民事裁判にもかかわるため中立性を保つ必要があることが理由とされる。

(2010-11-27 朝日新聞 夕刊 2総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

司法修習生の兼職禁止の関連キーワード最高裁最高裁判所裁判官司法修習生司法修習と国籍岩田誠阪口徳雄島田仁郎町田顕三好達山口繁

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone