コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

司法修習生の給費制と貸与制

1件 の用語解説(司法修習生の給費制と貸与制の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

司法修習生の給費制と貸与制

司法試験合格者が裁判所検察庁弁護士事務所で約1年間研修する期間の生活費を、これまで国が支給していた。基本給は約25万円で、年2回の賞与もあった。改正裁判所吠2004年成立)の施行で11月1日から、必要な場合に貸し出す「貸与制」となる。貸付額は月23万円で最大28万円まで可能。司法修習生の給費にかかる国の予算は10年度で76億円、11年度の予算要求額は2億円。日弁連が09年に司法修習生を対象に実施したアンケートでは、約53%の修習生が平均318万8千円の借金を抱え、1千万円を超える修習生が11人いたという。民主党は13日、制度存続のための法改正も検討していく方針を決めた。

(2010-09-17 朝日新聞 朝刊 新潟全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

司法修習生の給費制と貸与制の関連キーワード検察庁司法試験高等検察庁司法修習生地方検察庁区検察庁司法制度改革法曹人口の増員指定弁護士中田正子

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone