コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

司法修習生の給費制と貸与制

1件 の用語解説(司法修習生の給費制と貸与制の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

司法修習生の給費制と貸与制

司法試験合格者が裁判所検察庁弁護士事務所で約1年間研修する期間の生活費を、これまで国が支給していた。基本給は約25万円で、年2回の賞与もあった。改正裁判所吠2004年成立)の施行で11月1日から、必要な場合に貸し出す「貸与制」となる。貸付額は月23万円で最大28万円まで可能。司法修習生の給費にかかる国の予算は10年度で76億円、11年度の予算要求額は2億円。日弁連が09年に司法修習生を対象に実施したアンケートでは、約53%の修習生が平均318万8千円の借金を抱え、1千万円を超える修習生が11人いたという。民主党は13日、制度存続のための法改正も検討していく方針を決めた。

(2010-09-17 朝日新聞 朝刊 新潟全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone