コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吃・吉・喫・屹・拮・橘・詰 きつ

大辞林 第三版の解説

きつ【吃・吉・喫・屹・拮・橘・詰】

【 吉 】
⇒ きち〔吉〕 [漢]
【 吃[音] キツ
すらすら話せないさま。 「 吃音 」
食べる。「喫」に同じ。
受ける。感受する。 「 吃驚 ・吃相 」
【 屹[音] キツ
そばだつ。そびえる。 「 屹屹 ・屹然 ・屹立 」
【 拮[音] キツ
はたらく。 「 拮据きつきよ
きそいあう。はりあう。 「 拮抗 」
【 喫 】 [音] キツ ・ケキ
食う。食べる。 「 喫飯 ・満喫 」
吸う。飲む。 「 喫煙 ・喫茶 」
受ける。 「 喫驚 」 〔「キツ」の音は慣用〕
【 詰 】 [音] キツ
問いつめる。せめる。 「 詰責 ・詰問 ・難詰 ・面詰 」
かがむ。行きづまる。 「 詰屈 」
【 橘[音] キツ
ミカンなどの果樹の総称。 「 柑橘かんきつ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報