コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

各務 鎌吉 カガミ ケンキチ

20世紀日本人名事典の解説

各務 鎌吉
カガミ ケンキチ

大正・昭和期の実業家,財界人 東京海上火災保険会長。



生年
明治1年12月22日(1869年)

没年
昭和14(1939)年5月27日

出身地
岐阜県

学歴〔年〕
東京高商

経歴
はじめ商業学校教師となったが、明治24年東京海上保険(後の東京海上火災)に入り、27年ロンドン支店勤務、39年本店支配人となり、経営難の同社を軌道に乗せた。大正6年専務取締役イギリスウイルス社と提携、また12年にはスタンダード・インシュアランス・オブ・ニューヨークを設立、海外進出も果たした。14年から取締役会長となり昭和14年まで在任。この間日本火災保険協会、日本海上保険協会、船舶保険協同会などを創設。昭和4年日本郵船社長、また日本船主協会会長、三菱系会社役員なども務めた。貴族院議員、内閣審議会委員、日経連常務理事も歴任。損害保険業界でただ一人「保険殿堂」(IHF)入りした。

出典|日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone