コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

各国の留学生状況

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

各国の留学生状況

経済協力開発機構(OECD)によると、世界中の留学生の数は2010年までの35年間で約5倍の約410万人にまで増えた。留学先の人数割合は概数で米国17%、英国13%、ドイツ、フランス、オーストラリアが各7%、日本3%、韓国2%など。ただし米国、ドイツは減少傾向で、オーストラリア、ニュージーランド、韓国などの伸びが顕著だ。世界の留学生の53%はアジア人(2010年)で、中国人、インド人、韓国人などが目立つ。日本政府は08年、20年までに留学生数を2倍以上の30万人に増やす「留学生30万人計画」を打ち出した。

(2014-08-23 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

各国の留学生状況の関連キーワード経済協力開発機構グリーン成長モデル都市OECD原子力機関開発援助委員会貧困率貧困率世界経済見通し子どもの貧困OECD原子力機関国際成人力調査

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android