コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

各国の留学生状況

1件 の用語解説(各国の留学生状況の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

各国の留学生状況

経済協力開発機構(OECD)によると、世界中の留学生の数は2010年までの35年間で約5倍の約410万人にまで増えた。留学先の人数割合は概数で米国17%、英国13%、ドイツフランスオーストラリアが各7%、日本3%、韓国2%など。ただし米国、ドイツは減少傾向で、オーストラリア、ニュージーランド、韓国などの伸びが顕著だ。世界の留学生の53%はアジア人(2010年)で、中国人、インド人、韓国人などが目立つ。日本政府は08年、20年までに留学生数を2倍以上の30万人に増やす「留学生30万人計画」を打ち出した。

(2014-08-23 朝日新聞 朝刊 大分全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

各国の留学生状況の関連キーワード貧困率子どもの貧困国際成人力調査汚染者負担原則PPPリカレント教育拡大生産者責任EPRタックスヘイブン医師不足と医学部定員

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

各国の留学生状況の関連情報