コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合いの手・間の手・合の手・相の手 あいのて

大辞林 第三版の解説

あいのて【合いの手・間の手・合の手・相の手】

邦楽で、唄と唄の間に伴奏楽器だけで演奏される部分。
歌や踊りの調子に合わせてはさむ掛け声や手拍子。
物事や会話の合間にはさむ動作や言葉。 「 -が入る」 「 -を入れる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

合いの手・間の手・合の手・相の手の関連キーワード手拍子掛け声合間調子踊り会話物事動作邦楽

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android