コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合い印・合印・合標 あいじるし

大辞林 第三版の解説

あいじるし【合い印・合印・合標】

器物が一組であることを示すために、蓋ふたと身などにつけておくそろいの印。合い判。
(「合標」とも書く)裁縫・木工などで、二つの物を合わせる時、ずれないように合わせ目の要所につける印。
合い印いん 」に同じ。
戦場で、敵と区別するために、兜かぶとや鎧よろいの袖、馬具などにつけるそろいの印。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android