合い口・合口・匕首(読み)あいくち

大辞林 第三版の解説

あいくち【合い口・合口・匕首】

(「匕首」とも書く)つばのない短刀。匕首ひしゆ。九寸五分くすんごぶ
刀剣で、つばをつけず、柄口つかぐちと鞘口さやぐちが合うようなこしらえ。合口拵こしらえ
物事をするときの、相手との調子・具合。相性。 「 -が悪い」
器物の蓋ふたと身の合わせ目。
石積みで、石と石との接する面の表面に近い部分。合端あいば
互いによく話が合うこと。また、そのような間柄。 「幼な馴染つて云ふ訳でもないけれどもね、誠に-でしてねえ/初すがた 天外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android