合い口・合口・匕首(読み)あいくち

大辞林 第三版の解説

(「匕首」とも書く)つばのない短刀。匕首ひしゆ。九寸五分くすんごぶ
刀剣で、つばをつけず、柄口つかぐちと鞘口さやぐちが合うようなこしらえ。合口拵こしらえ
物事をするときの、相手との調子・具合。相性。 -が悪い
器物の蓋ふたと身の合わせ目。
石積みで、石と石との接する面の表面に近い部分。合端あいば
互いによく話が合うこと。また、そのような間柄。 幼な馴染つて云ふ訳でもないけれどもね、誠に-でしてねえ/初すがた 天外

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android