コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合わせる・合せる・併せる あわせる

大辞林 第三版の解説

あわせる【合わせる・合せる・併せる】

( 動下一 ) [文] サ下二 あは・す
二つの物がすきまなくぴったりと接するようにする。 《合》 「割れた茶碗の割れ目に接着剤を塗って、ぴったりと-・せる」 「手を-・せて拝む」
いくつもの数・量を合算する。足し合わせる。 《合・併》 「二と三を-・せると五だ」 「二人の所持金を-・せても一万円にしかならない」
食品・薬品などについて、数種類のものをまぜる。混合する。調合する。 「赤味噌と白味噌を-・せる」 「香を-・せる」
抽象的なことについて、二つのものが一致するようにする。 「口裏を-・せる」 「話を-・せる」
しかるべき規準・標準に一致させる。 「時計を正しい時刻に-・せる」 「帳尻を-・せる」
正しい規準と一致しているかどうか確かめる。 「現金を帳簿の残高と-・せる」
他とリズム・テンポなどが一致するようにして、ある動作をする。 「力を-・せて車を押す」 「声を-・せて助けを呼ぶ」
二つのものが調和・適合するようにする。 「上着に-・せてネクタイを選ぶ」 「カメラのピントを人物に-・せる」
異なる種類の楽器をいっしょに鳴らす。合奏する。 「琴と笛を-・せる」
(「刀を合わせる」などの形で)双方が刀を持って戦う。 「太刀を-・せる」
(「…と顔を合わせる」の形で)偶然に…と会う。 「あそこでみんなに顔を-・せるとまずい」
相撲などで、双方を戦わせる。 「 - ・せる行司は式守伊之助」 「十両の力士を幕内と-・せる」
見た夢の意味を考えて吉凶を占う。夢解きをする。 「さま異なる夢を見給ひて、-・する者召して問はせ給へば/源氏 若紫
物合ものあわせ・歌合うたあわせなどで、二つのものをくらべて優劣を競わせる。 「物語りのいでき始めの親なる竹取の翁に宇津保の俊蔭を-・せて争ふ/源氏 絵合
動詞の連用形の下に付いて複合動詞をつくる。 《合》
物と物とを一つにする。 「二枚の布を縫い-・せる」 「原料をまぜ-・せる」
互いにある行為をする。 「誘い-・せて花見に行く」 「駅で待ち-・せる」
偶然にある同一の状態になる。 「事件の現場に居-・せる」 「同じ電車に乗り-・せる」
[慣用] 顔を- ・口を- ・口裏くちうらを- ・心を- ・力を- ・調子を- ・帳尻を- ・手を- ・肌を- ・額ひたいを- ・歩調を- ・間を-
[句項目]

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android