コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

合併の旧法と新法

1件 の用語解説(合併の旧法と新法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

合併の旧法と新法

市町村は1世紀前に「明治の大合併」、50年前に「昭和の大合併」を経験。当時の合併法を何度か改正し、国は「平成の大合併」を計画した。99年度、「合併特例債」を盛り込んだ旧法を施行。当初、適用対象は04年度末までに合併するところだったが、04年度末までに県に届け、05年度末までに合併するところにも適用を拡大した。国はさらに合併を進めるため、05年度、「合併推進債」を盛り込んだ新法を施行。09年度末までに合併すれば適用対象となる。新法は、都道府県が合併の組み合わせなどを盛り込んだ構想を策定し、市町村に合併協議会の設置などを勧告できるとしている。財政面で国が合併を支援するだけでなく、都道府県に合併推進の介添え役を務めさせているのが特徴だ。

(2006-04-22 朝日新聞 朝刊 新潟全県 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

合併の旧法と新法の関連キーワード市町村合併市町村税町村合併市町村議会市町村条例在任特例県内の合併第2幕新合併特例法群馬の平成の大合併一本算定

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone